all people love the green

template
グリーンリポート・トピックス
前へグリーンリポートへ次へ

『 ソメイヨシノの挿し木作業 』

【 工事件名 】 ナブテスコ岐阜アクチュエータ工場 ソメイヨシノ挿し木作業
【 場       所 】 岐阜県不破郡垂井町 【 報  告 】 阿 部
【 調 査  日 】 2017年6月 【 営業担当 】 野 村
ナブテスコ岐阜工場 ソメイヨシノ挿し木作業

挿穂採取(2017年6月6日)

・ナブテスコ岐阜工場敷地内にて新生枝を120本採取

<サクラの挿し木時期>
・2月下旬~3月中旬(生育期の少し前)⇒新芽の付いている枝を使う
・6月~7月(花が咲き終わった後)⇒その年に伸びた新しい枝を使う

※ 挿し木に向いてる時期は元の植物が一番成長する生育期の少し前
この時期に行うことで、挿し木する枝は発根しやすく、枝を切られた植物の回復も早くなる
今回は6月に挿穂を採取した為、2月〜3月に行う場合よりも活着率は少し低い

下

ソメイヨシノの挿し木作業
ソメイヨシノの挿し木作業

・挿木に使う枝は新芽(枝の先が青い)がよく伸びて太い枝を採取する

挿木(2017年6月6日)

・活着を高めるため、採取した120本からさらに枝を切って240本に増やした

下

ソメイヨシノの挿し木作業

・採取した枝を10~15cm程の長さに切る
・土に挿す部分は新芽が硬くなり始めているものがよい
・枝の1/2~1/3の葉は取り除く

ソメイヨシノの挿し木作業

・吸水率を高めるため、挿木用の枝の切口を斜めにカットする

ソメイヨシノの挿し木作業

ルートン
挿木・挿苗などの発根を促進させる植物ホルモン剤
発根が促進され、活着に高い効果がでる

ソメイヨシノの挿し木作業

・切口に発根剤を塗る

ソメイヨシノの挿し木作業

鹿沼土
腐植などの養分や害虫、雑草の種などほとんど含まれない土
雑菌を嫌う樹木の挿し木などに使われ、水はけや保水性が良い植え込み土として利用できる

ソメイヨシノの挿し木作業

・パレットに鹿沼土を入れる

ソメイヨシノの挿し木作業

・枝を6~10cm程土に挿す

苗床にて養生(2017年6月6日)

・三重県鈴鹿市 180本挿木
・和歌山県紀の川市 60本挿木
※ 周辺の気候や環境条件で生育した状況も異なるため今回は上記2地点で養生を行い管理する
・発根までの間、ハウス内の苗床にて養生管理(約3カ月から半年間の養生管理)

ソメイヨシノの挿し木作業

・土が乾かないよう水やりをしながら日陰で管理する

下

苗床にて養生(2017年7月7日)

・三重県鈴鹿市 180本中120本活着、60本枯れる
養生を行ってから1ヶ月が過ぎたが、まずまずの活着率

ソメイヨシノの挿し木作業

下

前へグリーンリポートへ次へ

岐阜造園

株式会社岐阜造園
本社 〒500-8268 岐阜県岐阜市茜部菱野4丁目79-1
TEL:058-272-4120 (代表) 058-272-4121 (IR専用) FAX:058-274-6207

Copyright ©2010 Gifu Zohen Co., Ltd. All rights reserved